2011.06.20(月)

報告

平成22年度 第一回 中大規模木造推進のためのアンケート調査 の結果報告について

                                                                                                                                  平成23年6月20日
                                                                                                                木のまち・木のいえ推進フォーラム
                                                                                                                                       (企画委員会)


 平成22年度に実施しました「第一回中大規模木造推進のためのアンケート調査」の結果がまとまりましたのでご報告致します。
 皆様から積極的にご参加いただいた結果、321名のご意見を賜ることができました。設問の多いアンケートにもかかわらず、お忙しいところ、ご協力本当にありがとうございました。


  ■ 第一回アンケート結果の概要 pdf(188KB)
  ■ 第一回中大規模木造推進のためのアンケート調査結果 pdf(1638KB)



 
 アンケート結果からは、木造建築物に携わった経験が比較的多いと思われる本アンケートの回答者の方々においても、戸建て住宅や店舗以外の用途の建築物では、建築にかかわる経験が非常に少ないことがうかがえ、中大規模木造建築物の推進には、設計・施工を担う方々や発注者側への情報提供やサポートが欠かせないことが明らかとなりました。


 また、木造住宅や建築物では、住まい手や利用者の方々から「子どものアトピー皮膚炎や喘息が改善された」、「居住者の体調が良くなった」という声が寄せられたという回答が多くみられました。今後、木造としたい施設については、学校や保育所、老人福祉施設といった用途を挙げる回答者が多く、上に述べたような効果が影響しているかと思われます。


 一方で、中大規模木造建築を推進するには、施主や利用者の維持管理の必要性や木造の特性への理解を得る努力が必要であること、技術者の質・数の向上が必要であること、法規上の課題を解消する必要があることなどが挙げられました。


 他にも、多くの課題をご指摘いただきました。詳しくは、ぜひ、アンケート報告の内容をご覧下さい。
 


 今後とも引き続き、当フォーラムの運営へのご協力、よろしくお願い致します。